2006年05月14日

次長課長河本が隠し続けたもの

思春期になると男の子はエロ本を隠し持ち、

見つかるか見つからないか親との攻防戦になる。

昭和性風俗史 エロ写真

大人になってみれば笑える思い出。

次長課長・河本も13歳から18歳まで、

エロ本を大量に所持していたそうだ。→ranking


しかも一度も親にばれたことがないそう。

ベットの下や天井裏などいろんな隠し場所があるが、

河本は机の引き出しに入れていた。

河本が家を出た後、その机は甥っ子にあげたらしい。

そしてその甥っ子から電話がかかってきた。

「兄ちゃん、ビックサプライズ」

そのままあげたらしく大量のエロ本が入ったままだった。

河本は親にばれてないと言っていたが、

絶対ばれてます。


banner_green.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。