2006年08月09日

板尾創路の日記出版



「人の日記を読んだりするのは最低やと思います。」

著者・板尾創路のコメントである。

板尾日記

出版社に本を書いてと言われ、日記ぐらいしか書けないと返事したら、

日記でいいから書いてという経緯で出版された本。・・・ranking



クイックジャパンで連載され大好評だった

「シンガー板尾の音楽行進曲」の中から、

「傘」、「ホテル住まいの小学生」、「砂渡しジジイ」等も収録とある。

シンガー板尾と言えば♪東京コミュニケーション♪など、

名曲を発信し続けた伝説のキャラ。

リアルタイムで見ていた人はだいぶ大人になっただろうが、

あの頃の思い出がある人には気になるところ。

どんな話なんだろう?

極楽とんぼ山本の淫行事件で、

過去に起こした板尾の女子中学生淫行事件も、

ほじくり返されてしまい迷惑だったでしょう。

最近の日記は含まれないんですかねー。

吉本の先輩としての心境も聞いてみたかった。

彼は謎の多い存在なので日記見たいですね。

すごく興味あります。


banner_green.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。