2006年10月29日

M-1王者が再チャレンジ!?

なんのメリットもないと思われるM-1王者の再挑戦。

漫才師の意地としか言いようのない決断をしたのは、

2003年の王者、フットボールアワー・・・ranking



M-1グランプリ2003


2003年の大会では、いまや伝説になっている笑い飯のネタ、

「奈良県立歴史民俗博物館」があるが、

これを押さえての優勝は大きな価値があるだろう。

決勝戦のもう一組はアンタッチャブルだったことを考えれば、

すごいハイレベルな戦いを勝ち抜いたことになる。

この値打ちをガタっと下げてしまうかもしれないのに、

再チャレンジをしたということは、

もっと上を目指そうという意欲だろうか。

どこまでやれるのかな?楽しみ。


banner_green.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。