2007年03月19日

エアギター因縁の対決


ダイノジの大地(おおち)がフィンランドで行われた、

「2006年エアギター世界選手権」で優勝したことは有名。

ここにはある因縁があった・・・ranking




2006年世界大会へ行くための国内選考大会でのこと。

そのとき、世間ではエアギターと言えば金剛地武志だった。


エアギターバイブルDVD 疾風伝説エアギターハイスクール~男子校篇~


しかしここで新参者おおちが予想に反して優勝。

世界大会への切符を手にすることになった。

会場の盛り上がりもおおちがダントツだったらしい。

気に食わないのはエアギターの第一人者・金剛地武志。

パフォーマンスの後、おおちに対し金剛地が言った言葉は、

「わたしの畑を荒らさないで欲しい」

火花が散ったそうだ。

目も合わさないような緊迫した空気になったことは言うまでもない。

金剛地もエアギターの功労者として世界大会に出るのだが結果は5位だった。

今年は2連覇を狙うダイノジおおち。

どんな結果になるのだろうか・・・。

ダイノジおおちが優勝した曲。


Get Born

JETの「Are You Gonna Be My Girl」が試聴できます。


banner_green.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。